料理大好き!

毎日おっとのお弁当を作ってます。 食べ歩きも大好き。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

自称 漁師サンマい卸し :: 2007/09/08(Sat)

サンマ刺身用


今日はサンマの季節になって来たという事で
出ました~~!私の『サンマのうんちく』~~~♪98666

関東地方只今『サンマの季節』がやって参りましたーっ!
まだ北海道から直送されていますが北海道のサンマはそろそろ
脂の乗りが落ち着いて来た頃です。
9月に入ると細くなって来るし、脂もなくなってきます。

※元北海道人 水産関係にいたため北海道道東サンマ通ですッ(笑)

もうそろそろ東北から獲れるサンマは脂の乗りがいいのでは
ないでしょうか~~♪でもまだ宮城のサンマは私の方の
スーパーでは見かけないなあ~~。

昨日、お刺身用のサンマが5匹で398円ということで~~
買って来ちゃいました~~!

3匹をお刺身に~2匹を塩焼きに~~~♪

お刺身の作り方ですが、楽天ブログの時紹介した
自称『漁師サンマい卸し』!!
本当に漁師さんに教わったサンマのおろし方です♪

お刺身用と言ってスーパーに置いてあるのも
微妙な時間の幅がありますよね~。鮮度が良ければこの
『漁師サンマいおろし』が一番早く捌けます。

『サンマ』の鮮度のいいものの見分け方は前のブログで読んでる方は
知ってると思いますが、おさらいでっす!

*ウロコがついてるもの。
*持ってピーンとしてるもの。
*目が赤くなく透き通ってきれいな事。
*お尻からハラワタが出てない事。

これが鮮度を見極めるところなんですが、それでも
鮮度には幅がありまして~~、まあ~まあ~刺身に出来るという
時間帯ギリギリもスーパーには売ってます。

私が言う、簡単なサンマの卸し方 自称『漁師サンマい卸し』ですが
これはほんっと船から市場で卸してすぐのもので鮮度抜群のを
おろしてたので身がしっかりしてたおかげでサクッと捌けたようです。

昨日『漁師サンマい卸し』でおろそうと思ったら身がグニャングニャン。
一匹だけはそのおろし方で、後の2本は普通に三枚おろししました。

でも一応簡単なのでこちらでも是非覚えてほしい~♪
ハラワタがピンと形のままならそれは鮮度がいいし、
お刺身にはもってこいのサンマなので是非挑戦してみてね~♪

脂の乗りがタップリを選びたい人はまずココから見て買ってね♪
しっぽが黄色なら脂の乗り最高~~です!
さんま尻尾


背びれがひっかかり、皮が剥ぎづらくなるのでちょん切っちゃいます。
サンマ背びれ切り落とし


お尻のちょっと下くらいから包丁を入れます。
サンマ腹から包丁


頭まで包丁で切り、頭までちょん切らず頭をへし折ります。
首のところに親指を押し当てるとへし折りやすいです!
サンマの頭をへし折る


逆側に頭とはらわたを持って行き皮をゆっくり引いていきます。
全部の皮がそのまま剥がれていきます。
サンマ皮引き


そしてサンマの全体写真
サンマバラバラ事件


サンマを三枚おろしします。(え?骨に身が着き過ぎ?気にしない!笑)
サンマ三枚卸し


このようになったら、氷水でさっと洗い、すぐ水気を拭き取ります。
はらすの部分は最初に切っちゃってるのでないんです。でも
気になるような骨があったら切り取っちゃいましょう~♪
サンマ三枚卸し後


斜め切り~~~~っっ!中骨がどうしても気になるようなら取ってね!
サンマ斜め切り


じゃ~~~ん!サンマの刺身は一味唐辛子で食べるのが
北海道秋刀魚のうまい食べ方ですっ!漁師さんに必ずおススメされます♪
サンマ刺身


注意
刺身は鮮度が命!血を身につけないようサクッと卸します。
水で何度も洗うと鮮度も下がり、身が水っぽくなります。
 水洗いはなるべく最後にサクッと一度だけできれいにする。すぐ水気を拭き取る!
塩を入れて水洗いすると身がツルツル滑るので注意。
 (氷水でさっと洗うだけできれいになります)
ウロコと皮がついてたらそれが食あたりにつながるので
 ついてないかどうかちゃんと調べてね~。
やっぱり薬味は一味唐辛子~。(これは身にかけてますが本来は別皿の醤油皿にどっぱり入れて食べてます)

     旬の物は旬に頂く

そして健康にいいんだから~♪
ぜひサンマの刺身も食べてほしいなあ~♪

ブログランキングバナーblogランキング 応援してね♪

スポンサーサイト

テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ

  1. 豆知識
  2. | trackback:0
  3. | comment:10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。