料理大好き!

毎日おっとのお弁当を作ってます。 食べ歩きも大好き。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

父が好きだったショートケーキ。 :: 2012/07/15(Sun)



今日は父が他界して3年目の命日。

父が好きだったショートケーキをお供えしたかったので
ケーキ屋さんへ。

そして・・・

便乗して私の分も(父の分も自分の口に入るくせにね)

思いのまま、欲望のまま、目がイヤしいその目で
一人何個食べるの??というくらい買う私に

おっとは厳しく
「二つまでだからね!!」゛(`ヘ´#) ムッキー

ハイハイ。

シュークリームはさあ~兄も大好きだったし
これは小さいから一つに入る?

と理由づけしようとする私の顔を睨むおっと (`ヘ´)

ですよね。

じゃあ~これで!



結局二人で全部半分ずっこなんですけどね^^

父が亡くなり3年になります


もうあれから3年かあ~。
早いなあ~・・・・

亡くなる前日にとっても不思議な事が起きたのを
覚えてます。

兄の仏壇が実家にあるのですが父の様態が悪くなった日
もしかして病院に泊まる事が続くかもしれないと言う
状態になり、一度家に帰って着替えとかいろいろ
取りに帰って来たときの事。

兄の仏壇に向かい、頼んだんです。

「兄ちゃん、まだそっちへ連れて行かないで!!」と
頼み込みました。

それから、シャワーを浴び、病院に行く準備をしてて
家から病院に行こうとして、もう一度兄に線香を
上げようと仏間に行くと、

先ほどあげた線香の煙で仏壇の前に綺麗に
白いふわふわの絨毯(布団)のようなものが
ふわふわと煙で作られていたんです。

その時私はどうしても避けられない状態なんだろうなと悟りました。。。

兄はきっともうどうしようもない状態なんだと
私に教えたんだなと思いました。

とっても悲しかったけど、私はそれでも父がまだまだ
助けられると信じ、病院に向かいました。

でもその次の日父は帰らぬ人となり
その線香で形づけられたふわふわの布団を表したところには
父の布団が敷かれ、煙で見た状態と同じでした。

あんなふうに線香の煙が形づけられるという現象は
後にも先にもあの時一度きりです。

いつかは必ず別れがありますが
もう少しだけいろいろ話がしたかった。。。

包丁使いいつも
「持ち方が変だぞ!何回教えても直らんな!」って
変なクセがついた私の包丁使いを見て呆れてたっけ。(父は料理人)

大根のかつら剥き、親指を添えずに切ってた私の
危なっかしい包丁使いを見て
「親指を添えて親指も使わないとうまく進めないと
薄くなんて切れない!」ってね

今もやっぱり変な持ち方が直ってない。
直さないんじゃなくて直らない。ん?直せない・・・?
最初に自己流で包丁を使ったのでクセがとれない。

最初からきちんと教えてくれればなあ~・・・。
なんて。。。ね((^┰^))

『鶴になった父ちゃん』(YouTubeに飛びます)
私もこの歌詞と同じ心境で泣けてきます・・・。

ブログランキングバナー
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

  1. 想う事
  2. | comment:0
<<大葉鶏天弁当 | top | ニラ6束○円!!横浜南部市場で・・>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。